img_7737朝5時に博多駅前の道路の復旧工事が完了しました。ビルの立ち入り禁止も解除され、ライフラインは全て復旧。医光ゼミでは、急遽教室の代わりとなるスペースを貸してくださった呉服町にあるブックスサイエンス始め、臨機応変に対応、協力してくださった講師陣、落ち着いて行動してくれた生徒一同、ご理解頂き支えてくださった保護者の皆さま、そして、作業や早朝から遅くまで忙しく走り周って動いてくれた職員の皆さんのおかげで、この急な事態もケガ人1人出ることなく、多くの方々に支えて頂き、改めて感謝いたします。これから落ち着いて、受験勉強に集中していきたいと思います。

まさに、「塞翁が馬」、「災いを転じて福となす」です。何より、遅くまで連日の工事を進めてくださった全ての皆さま、福岡、日本の底力を見せつけられた思いです。日本中、世界中が注目する中での驚くような連携力、スピード感、そして安全、信頼、知識、経験、これらを目の当たりにした思いでいます。迅速な対応をしてくださった博多警察署や福岡市、分かりやすい説明をしてくださった福岡市長、工事関係者の皆さま、まさにプロフェッショナル。拍手。一時、場所を移動しておりました医光ゼミも、気を引き締め、落ち着いて、元の受験勉強の体制に入ります。皆様方には大変ご心配をおかけし、励ましのメールやお電話を多数頂き、誠にありがとうございます。

生徒一人ひとり志望校合格に向けて、さらに集中し真剣に勉学に取り組んでおりますので、今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

2016年11月
若者未来塾・医光ゼミ 代表 川端國文